パーソナル・ミッション・ステートメント

english



これは多くの方々にとってそれほど面白くないページかもしれません。このページにまとめられていることは、2012年6月12日に人生を終えようとした私が、第二の人生を生きる上で少しずつ構築している人生哲学です。CV や履歴書にまとめられている事柄は表面的なアクセサリーに過ぎず、それらは特定の時代に、特定の人々に、特定の状況に限って評価されるものでしかありません。言い換えれば、100年、1000年の時が経てば、それらの価値は変わり、10,000年もの時が経てば、すっかり価値は消えてしまうことでしょう。100世紀までには、高度に発達した文明で飾られている近・現代も古代に再区分されているかもしれません。人類は今後も(例えば10億年後も)存続し続けるつもりなのでしょうか?何故それが意味のあることとして、暗黙の了解とされているのでしょうか?時には、適切な尺度で人生を再評価してみることが大切だと思います。




Nothing matters. I have known that for a long time. So nothing is worth doing.

Then how come everyone’s making like everything that isn’t important is very important, 
all the while they’re so busy pretending what’s really important isn’t important at all?

Why not admit from the outset that nothing matters and just enjoy the nothing that is?

— Pierre Anthon (in Nothing)



「人生」が不治の病

IMG PersonalMission 1

ある時、ふと気がつきました — 学校教育を終えても何が正しくて何が悪いことかについての根拠は未だに定かではなく、良き人間であるように行動し、考えるようにただ教えられただけだと。 しかし、ただ生きているという行為ですら再考の余地があります。これまでの人類の歴史を振り返ると、「生存」していること自体がいつの時代でも最大の死因でした。ある意味(100%起きることがわかっている死というイベントを真剣に直視すれば)「人生」自体が不治の病なのです。生まれたときから、一歩一歩死へ向かって進んでいきます。私が大切にしている究極の問いは「いずれ死ぬこと知りながら、なぜ生きるのか」です。言い換えれば、私は人生を「人生に意味はない」という帰無仮説を検証するためのケーススタディーだと考えています。この目的のために、できるだけ客観的且つ誠実な姿勢で進んでいます(通常嫌悪感をもって即座に否定される帰無仮説が実は正しいのかもしれません)。

自分が信じているものに対して「なぜ」を繰り返して、その根拠をつきつめて考えていくと、いつも文明社会から離れた場所で地に足つかず彷徨っている自分自身を発見します — 人間的に正しい生き方とは何でしょうか? 私たちは死ぬために生まれたのでしょうか? 人生に意味はあるのでしょうか? なぜ常に「生」がポジティブで「死」がネガティブなのでしょうか? 今の世代は次の世代のために人生を犠牲にして、次の世代は次の次の世代のために人生を犠牲にして・・・ということを最後の世代が絶滅するまで続けることに意味があるのでしょうか? これらの疑問への答えなしに、なぜ他人の生き方に口出しすることができるのでしょう? これらは修辞的疑問文ではなく、明確な答えが必要でないにしても、少なくとも真剣に考える価値のある疑問だと考えます。これらの根源的な疑問を直視することで、より謙虚に生きることができ、自分自身をより理解することができると考えます。この姿勢は、良い未来をもたらすから重要なのではなく、いつか滅亡するかもしれない人類の一員として「今現在、ただ生きている」という事実を尊び、楽しむ姿勢につながるからこそ重要だと考えます。



基本的な価値観

「何に人生をかけるべきか」を決定づける「ボイス」を聞いたことはまだありませんが(メッセージが届けられた時、枕によだれを垂らして爆睡していたのかもしれませんが)、「何に人生をかけるべきではないか」という問題について、私は明確な答えを持っています。私の人生は社会的ヒエラルキーの梯子を登るためのものではなく、普遍的な理由なくして文明社会で尊ばれているアクセサリーの量や質において、他人と競争するためのものでもありません(例:学歴、出版論文数、社会的地位、預金残高、結婚歴)。私は金銭的価値や社会的価値と人間的価値を同列に考えません。同様に、経済的成長と人間的成長も同列に考えません。常に右上がりの成長を目指して悩み苦しむことが人間のあるべき姿であるとも思いません。これらは私の人生を動かす根源的な価値を持たないため、私は現代社会/資本主義社会(人々が最大限に欲求を満足させることを求め、金銭的価値によって多くのモノの価値が決まり、人間自身によって作成されたルールの下で、多数決原理でもって優劣を測る競争の勝者が価値のある人間とされる社会)に生きる上で、ある程度「死」を覚悟しています。



BicycleSummerTime

人生のゴール

人間として「人生に満足した」と死の床で振り返ることができた時(場所はコンクリートの床でも泥の中でも構いません)、私の人生の旅はめでたく終わりを迎える予定です(実はすでに大部分満足しているのですが)。この目的の達成のために、「死」を頭に入れて、今この瞬間を存分に味わうことで、クオリティー・オブ・ライフとクオリティー・オブ・デスの両方を増加させることを意識しています(後者に関しては、ある意味不名誉なダーウィン・アワードを間違って受賞してしまわない程度に)。私の人生における楽しみは、何が人を人たらしめるかを考えること、他人の幸福に貢献すること(少なくとも邪魔しないこと)、そして自分自身の自信とマインドフルネスを増加させることです。万人が認める大きな成功ではなく「ほんのちょっとだけ気持ちよく生きる」ことができれば大成功だと考えています。


他人にどう思われるかを気にせずに、自分自身で設定したゴールへ向かって進む時に私は最大の力を発揮します。様々な理由で(時には非論理的な理由で)私のことが好きでない人は沢山いらっしゃるかもしれません。しかし、これはごく自然なことであり、大声で問題にすることではありません(好きでないという感情が異常な憎悪に成長しない限り)。私は「あの時ああしていればどうなったであろう?」と人生を振り返る機会を減らし、正直さ、好奇心、創造力、勇気等の価値を発揮できる機会を求めています。



Few things are needed to make a wise man happy; nothing can make a fool content;

that is why most men are miserable.

— François de La Rochefoucauld



仕事

人間として成長することができ、研究と教育の両方に貢献できる職場を見つけることで、仕事を楽しみたいと考えています。「ドラゴンクエスト」で例えれば、学者・教師・僧侶のジョブをそれぞれレベル8まで極めることが、真に Koji となるための前提条件だと考えています。「良い職場」を選ぶ際、私にとって一番の基準は「人」です。残念ながら、近くにいて嫌な気分になる人々は一定数存在しており、そのような人々からはできる限り離れるようにしています。私は以下のような人々と関わることに喜びを感じません (所詮限りのある人生経験から構築された)主観的な視点から他人の考え・生き方を批判する人、社会的な力を利用して他人をコントロールする人、他人を見下す人(陰口も含め)、言葉や肉体的暴力を使って他人をコントロールする人(それが教育の目的をもっていたとしても)。逆に、他人の意見を安易に批判することなく、冷静に他人の意見に耳を傾けることができる(ごく少数の)人々を尊敬しています。

認知科学の世界において学者は、人間にとって普遍的だと思われる特徴を見つけることに注意を向けますが、それは同時にマジョリティーの特徴を重視し、マイノリティーの特徴を軽視することでもあります。いくら個人差を分析に含めて「人間」を理解しようとしても、やはり一人の「個人」を理解することは難しいという当たり前の事実を忘れないようにしたいです。



It is far easier to know men than to know man. 

— François de La Rochefoucauld




MeditationHalfLotus 700ms

自分の磨き方

人生の4つの側面に焦点を当て、常に自分を磨いています:

  • フィジカル – 自転車通勤を好み、定期的に運動をしています。
  • スピリチュアル – 定期的な瞑想とボランティア活動を意識しています。
  • メンタル – 最新の学術雑誌を読んで知識を最新の状態にすることを心がけています。加えて、専門分野外の本を読むことで、全く異なる人生経験をもつ他者の視点から見た世界を理解するように努めています。書くことと比べて、読むことは通常金銭的価値を与えられていません。それが故に、読書は価値のあるものだと考えています。
  • ソーシャル/イモーショナル – 私は共同研究者や教育において、相互依存(依存ではなく)の関係を築くことを求め、人間関係には量でなく質を求めます。その目的のため、話すことより、相手の話をよく聞くことに意識を置いています。話すことと比べて、聞くことは通常金銭的価値を与えられていません。それが故に、話を聞くことができる能力は価値のあるものだと考えます。話を聞く際は、異なる考えをもつ人間がいることは自然なことだという事実を忘れないように気をつけています。



In your big mind, everything has the same value. 

— Shunryu Suzuki




注意していること

Rplot 般若心経Cloud  HiraKakuProN
  • 話してのメッセージに注意を向け、自分の言葉を洗練することで、非暴力コミュニケーションの達成を目指しています。
  • 自分がコントロールできることとそうでないことを正しく判断するようにしています。
  • 物事の優先事項を守るため、優先的でない物事に対して「NO!」と言う勇気をもつことを意識しています。
  • 必要以上にモノを所有しすぎないように気をつけています。
  • 先延ばしせずに論文を執筆することを意識しています。執筆活動は常に楽しいというものではありませんが、ライティングスケジュールに沿って執筆を続けることで、仕事がパーソナルライフに介入しないようにしています。
  • マインドフルネス・サービス・知識の要素を人生に積極的に取り入れるように意識しています。
  • 人生の中に RPGゲームの要素を見つけて楽しむようにしています。



It is a language rich with words that classify and dichotomise people and their actions. 

When we speak this language, we judge others and their behaviour while preoccupying ourselves

with who’s good, bad, normal, abnormal, responsible, irresponsible, smart, ignorant, etc.

— Marshall Rosenberg





今後の基本的方針

私自身ができる他人への貢献として、逆説的かもしれませんが、あまり積極的に貢献せず、できるだけナチュラル且つ客観的でいることを心がけています。「積極的な貢献」と「干渉」は紙一重であり、全ての人々が自分の正しさを信じ、他人の考え方を変えようと躍起になっている世界はカオスです。自分の経験量は所詮限られており、他人は私と異なる人生を経験していることを踏まえると、自分の生き方・考え方は常に間違っている可能性があると自覚している必要があります。この世にはいろいろな人々が存在しており — 低身長の人、太った人、内向的な人、人間嫌いの人、極端に繊細な人、顔の造形がアブノーマルな人、同性愛の人、自殺しようとした人、今も死にたいという気持ちを抱えて生きている人、自閉症の人、未婚の中年の人、家族や親族が好きでない人 ― 生きていること自体に僅かでも価値があり、人類が繁栄し続けるべき決定的な理由はないという前提のもと、少数派に属する人々も生きやすい世界、生きたい人は生きて死にたい人は死ねる自由のある世界が理想だと考えます。そのため、私は私自身が正しいと思う形で生き、他人がどうあるべきかという問題に関しては干渉しすぎないように努めています。逆に、私の人生に干渉してくる人間は全力で避けていくことに努めています。つまるところ、私の仕事は自分自身の心の平和を保ちつつ、時代を超えて普遍的な、人としての原則に沿って生きる方法を実践し続けるだけです・・・いずれ確実に訪れる死の瞬間まで。


The Character Ethic is based on the fundamental idea that 

there are principles that govern human effectiveness 

— Stephen Covey



(最終更新日 06/26/2017,   更新開始日 11/16/2014)








参考文献 

(これらの作品の多くは重複したメッセージを含み、私の人生哲学に貢献しました。)


  • Achor, S. (2011). The happiness advantage. London: Virgin Books. (Original work published 2010)
  • Alexander, E. (2012). Proof of heaven: A neurosurgeon’s journey into the afterlife [Kindle Version]. London: Piatkus.
  • Bassham, G. (Ed.).  (2010). The ultimate Harry Potter and philosophy: Hogwarts for muggles. Hoboken, NJ: John Wiley & Sons.
  • Bierce, A. (2013). The devil’s dictionary [Kindle Version]. Heraklion: Heraklion Press. (Original work published 1906)
  • Bronte, E. (2001). Wuthering heights. Peterborough, ON: Broadview Press.
  • Burton, V. L. (1942). The little house. Houghton Mifflin.
  • Cain, S. (2012). Quiet: The power of introverts in a world that can’t stop talking [Kindle Version]. New York: Broadway Books.
  • Covey, S. R. (2004). The 7 habits of highly effective people. New York: Simon and Schuster. (Original work published 1989)
  • Dalrymple, G. B. (2001). The age of the Earth in the twentieth century: a problem (mostly) solved. Geological Society of London Special Publications. 190, 205–221. 
  • Forward, S., & Buck, C. (1989). Toxic parents: Overcoming their hurtful legacy and reclaiming your life [Kindle Version]. New York: Bantom Books.
  • Gunaratana, B. (2011). Mindfulness in plain English [Kindle Version]. Boston, MA: Wisdom Publications. 
  • Haddon, M. (2004). The curious incident of the dog in the night-time. New York: Vintage.
  • His Holiness the XIV Dalai Lama (1999). The Dalai Lama’s book of wisdom [Kindle Version]. London: Thorsons Classics.
  • Horii, Y. et al. (2008). Dragon Quest IV [Nintendo DS game]. Tokyo: Square Enix.
  • Horii, Y. et al. (2010). Dragon Quest IX [Nintendo DS game]. Tokyo: Square Enix.
  • La Rochefoucauld, F. (1678/1871). Reflections; or Sentences and Moral Maxims (Bund, J. W. W. & Friswell, J. H. Trans.). Amazon Services International.
  • Lao Tsu (1997). Tao Te Ching (G. F. Feng & J. English Trans). New York: Vintage Books.
  • Leakey, M. G., Feibel, C. S., McDougall, I., & Walker, A. (1995). New four-million-year-old hominid species from Kanapoi and Allia Bay, Kenya. Nature, 376, 565-571.
  • Lodge, D. (2011). Small world. London: Vintage. (Original work published 1984)
  • Müller, J., & Steiner, J. (1976). Der Bär, der ein Bär bleiben wollte. Wollerau: Verlag Sauerländer.
  • Nitobe, I. (1900). Bushido: The soul of Japan. A Public Domain Book.
  • Northcutt, W. (2002). The Darwin Awards: Evolution in action [Kindle Version]. New York: Plume Books.
  • Pausch, R., & Zaslow, J. (2008). The last lecture. New York: Hyperion.
  • Peplow, M. (2013). Planck snaps infant Universe. Nature, 495, 417-418.
  • Pirsig, R. M. (2009) Zen and the art of motorcycle maintenance. 
  • Riley, A. (2003). The book of bunny suicides [Kindle Version]. Hooder and Stoughton.
  • Rosenberg, M. B. (2015). Nonviolent Communication: A Language of Life (3rd ed.). Encinitas, CA: PuddleDancer Press.
  • Rohrer, J. (2007). Passage [PC game]. Retrieved 28 July 2016 from http://hcsoftware.sourceforge.net/passage/
  • Ronaldson, J. (2010). The Gandhi story [Kindle Version]. IBC Publishing
  • Rowling, J. K. (1998). Harry Potter and the Philosopher's Stone. London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (2002). Harry Potter and the Chamber of Secrets. London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (1999). Harry Potter and the Prisoner of Azkaban. London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (2000). Harry Potter and the Goblet of Fire . London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (2003). Harry Potter and the Order of the Phoenix. London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (2005). Harry Potter and the Half-Blood Prince. London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (2007). Harry Potter and the Deathly Hallows. London: Bloomsbury.
  • Rowling, J. K. (2016). Harry Potter and the Cursed Child. London: Little, Brown.
  • Saint-Exupéry, A. de (2011). The little prince (S. I. Mina Trans.) [Kindle Version]. Windsor, Canada: Numitor Comun. (Original work published 1943)
  • Silverstein, S. (1964). The giving tree. NY: HarperCollins.
  • Silvia, P. J. (2007). How to write a lot. Washington, DC: American Psychological Association.
  • Sojka, B. N., & Sojka, P. (2003). The blood-donation experience: Perceived physical, psychological and social impact of blood donation on the donor. Vox Sanguinis, 84, 120-128.
  • Suzuki, S. (1970). Zen mind, beginner’s mind (T. Dixon Ed.). Boston: Shambhala Publications.
  • Taylor, J. B. (2009). My stroke of insight: A brain scientist’s personal journey [Kindle Version]. Hodder & Stoughton.
  • Teller, J. (2010). Nothing (M. Aitken, Trans.) New York: Atheneum Books for Young Readers. (Original work published 2000)
  • Montgomery, L. M. (2004). Anne of Green Gables (C. Devereux Ed.).  Broadview Press. (Original work published 1908)
  • Mother Teresa. (2001). No greater love [Kindle Version]. B. Benenate & J. Durepos (Eds.). Navato, CA: New World Library.
  • Velasquez, L. (2012). Be beautiful, be you [Kindle Version]. Liguori, MO: Liguori Publications.
  • World Values Survey. (n.d.). Online Data Analysis [Data file]. Retrieved from http://www.worldvaluessurvey.org/WVSOnline.jsp
  • 相田みつを (2012). にんげんだもの(道) 角川書店
  • 相田みつを (2012). にんげんだもの(逢) 角川書店
  • 相田みつを (2012). しあわせはいつも 角川書店
  • 青木裕司・片山まさゆき (2008). サクサク現代史! メディアファクトリー
  • 赤塚不二夫 (2005). 赤塚不二夫名作選: 天才バカボン 小学館文庫
  • 赤塚不二夫 (2011). 赤塚不二夫120% [Kindle版] 小学館文庫
  • 芥川竜之介 (2005). 杜子春 [Kindle版] 青空文庫 (Original work published 1968)
  • 雨宮処凛 (2000). 生き地獄天国 [Kindle版] ちくま文庫
  • 雨宮処凛 (2002). 自殺のコスト [Kindle版] 太田出版
  • 石蔵文信 (2015). 親を殺したくなったら読む本 マキノ出版
  • 伊勢﨑賢治 (2015). 本当の戦争の話をしよう:世界の「対立」を仕切る 朝日出版社
  • 岩明均 (2012). 寄生獣 (1 - 10巻) [Kindle版] 講談社 (Original work published 1990)
  • 上野正彦 (2013). 自殺の9割は他殺である [Kindle版] カンゼン (Original work published 2012)
  • 内田美智子, 魚戸あゆむとゆかいななかまたち, & 坂本義喜 (2013). いのちをいただく [Kindle版] 講談社
  • 蛭子能収 (2014). ひとりぼっちを笑うな [Kindle版] 角川書店
  • 太田肇 (2016). 個人を幸福にしない日本の組織 新潮社
  • 岡檀 (2013). 生き心地の良い町 講談社
  • 小川洋子 (2011). 猫を抱いて象と泳ぐ 文春文庫
  • 尾田栄一郎 (1997-2015). ワンピース (1 - 80巻) [Kindle版] 集英社
  • 片田珠美. (2013). 他人を攻撃せずにはいられない人 PHP新書
  • 川崎昌平 (2015). 自殺しないための 99 の方法 [Kindle版] 一迅社 
  • 川嶋朗 (2013). 医者が教える人が死ぬときに後悔する34のリスト [Kindle版] アスコム
  • ガンジー マハトマ (2007). 非暴力 (福永渙 訳) [Kindle版] 青空文庫
  • 北野武 (2015). 新しい道徳 [Kindle版] 幻冬舎
  • 近藤麻理恵 (2010). 人生がときめく片づけの魔法 [Kindle版] サンマーク出版
  • 近藤麻理恵 (2014). イラストでときめくかたづけの魔法 [Kindle版] サンマーク出版
  • ゲーテ, J. (1774). 若きウェルテルの悩み 
  • 後藤健二 (2005). ダイヤモンドより平和がほしい: 子ども兵士・ムリアの告白 汐文社
  • 小林多喜二 (1929). 蟹工船
  • 近藤誠 (2012). 医者に殺されない47の心得 [Kindle版] アスコム
  • 今野浩 (2013). 工学部ヒラノ教授 [Kindle版] 新潮社
  • 坂口安吾 (1947). 桜の森の満開の下 青空文庫
  • 佐藤秀峰 (2002-2006). ブラックジャックによろしく (1 - 13巻) [Kindle版] 漫画onWeb
  • 佐野洋子 (1977). 100万回生きたねこ 講談社
  • 佐野洋子 (2013). 死ぬ気まんまん 光文社
  • 桜井章一 (2012). 努力しない生き方 [Kindle版] 集英社
  • サンキュータツオ (2015). ヘンな論文 [Kindle版] 角川学芸出版
  • JUNZO (2015). 人生ドラクエ化マニュアル Amazon Services International
  • JUNZO (2016). 人生ドラクエ化マニュアルⅡ Amazon Services International
  • ショーペンハウアー, A. (2015). 読書について (鈴木芳子 訳) [Kindle版] 光文社電子書店 (Original work published 1851)
  • ショーペンハウアー, A. (2015). 自殺について (佐久間政一 訳) [Kindle版] 哲学文庫 (Original work published 1851)
  • 鈴木教久 (2014). 人狼ゲーム [Kindle版] 大和書房
  • 鈴木琢也 (2015). バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える。 [Kindle版] ポプラ社
  • 須藤元気 (2005). 幸福論 NEKO Publishing
  • 須藤元気 (2011). 今日が残りの人生最初の日 講談社
  • 須藤元気 (2013). やりたい事をすべてやる方法 [Kindle版] 幻冬舎
  • 須藤元気・森沢明夫 (2008). 風の谷のあの人と結婚する方法 幻冬舎文庫
  • 太宰治 (1940). 走れメロス [Kindle版] 青空文庫
  • 太宰治 (1952). 人間失格 [Kindle版] 青空文庫
  • 高田純次 (2007). 適当教典 [Kindle版] 河出文庫
  • 田房永子 (2015). それでも親子でいなきゃいけないの? 秋田書店 
  • 高見広春 (2002). バトル・ロワイアル(上) 幻冬舎文庫  (Original work published 1999)
  • 高見広春 (2002). バトル・ロワイアル(下) 幻冬舎文庫  (Original work published 1999)
  • 谷川浩司 (2012). 集中力 角川書店
  • 玉井雪雄 (2012). じこまん (1 - 3巻) [Kindle版] 日本文芸社
  • ダライ・ラマ14世 (2012). 傷ついた日本人へ [Kindle版] 新潮社
  • 筑紫哲也 (2010). 若き友人たちへ—筑紫哲也ラスト・メッセージ 集英社
  • 筒井康隆 (2014). 文学部唯野教授 [Kindle版] 岩波現代文庫  (Original work published 2013)
  • 鶴見済 (1993). 完全自殺マニュアル 太田出版
  • 鶴見済 (1994). 無気力製造工場 太田出版
  • 鶴見済 (1998). 檻のなかのダンス 太田出版
  • 鶴見済 (2012). 脱資本主義宣言: グローバル経済が蝕む暮らし [Kindle版] 新潮社
  • 手塚治虫 (2014). ブラックジャック (1 - 17巻) [Kindle版] 手塚プロダクション. (Original work published 1974 - 1977)
  • 手塚治虫 (2014). 日本発狂 [Kindle版] 手塚プロダクション. (Original work published 1974 - 1975)
  • 暉峻淑子 (1989). 豊かさとは何か 岩波新書
  • ドリアン助川 (2013). バカボンのパパと読む「老子」 [Kindle版] 角川SSC新書
  • 中井俊巳 (2007). マザー・テレサ: 愛の花束 [Kindle版] PHP文庫
  • 中島義道 (1996). うるさい日本の私 角川文庫
  • 中島義道 (2001). 哲学の教科書 [Kindle版] 講談社学術文庫
  • 中島義道 (2003). ひとを〈嫌う〉ということ [Kindle版] 角川文庫
  • 中島義道 (2005). カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ [Kindle版] 新潮文庫
  • 中島義道 (2008). 私の嫌いな10の人びと [Kindle版] 新潮社
  • 中島義道 (2008). どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか? [Kindle版] 角川文庫
  • 中島義道 (2010). 善人ほど悪い奴はいない: ニーチェの人間学 [Kindle版] 角川書店
  • 中島義道 (2011). 「人間嫌い」のルール [Kindle版] PHP研究所
  • 中島義道 (2011). 人生に生きる価値はない [Kindle版] 新潮文庫
  • 中島義道 (2012). <対話>のない社会 [Kindle版] PHP研究所
  • 中島義道 (2014). 反<絆>論 筑摩書房
  • 中島義道 (2015). 不幸論 [Kindle版] PHP文庫
  • 仲谷明香 (2012). 非選抜アイドル 小学館
  • 名越康文 (2014). どうせ死ぬのになぜ生きるのか. PHP新書
  • 夏目漱石 (1905). 我輩は猫である 青空文庫
  • 新渡戸稲造 (1900). 武士道
  • 野澤伸吾 (2013). アラフォーからのロードバイク SB新書 
  • 羽生善治 (2011). 大局観 [Kindle版] 角川書店
  • 羽生善治 (2005). 決断力 [Kindle版] 角川書店
  • 早坂隆. (2006). 世界の日本人ジョーク集 [Kindle版] 中央公論新社
  • 早坂隆. (2009). 続・世界の日本人ジョーク集 [Kindle版] 中央公論新社
  • 早坂隆. (2011). 100万人が笑った!「世界のジョーク集」傑作選 [Kindle版] 中央公論新社
  • ビアス, A. (2001). 悪魔の辞典 (奥田俊介・倉本護・猪狩博 訳) [Kindle版] 角川文庫
  • 東田直樹 (2007). 自閉症の僕が飛びはねる理由 [Kindle版] エスコアール
  • 東田直樹 (2013). あるがままに自閉症です [Kindle版] エスコアール
  • pha. (2012). ニートの歩き方 [Kindle版] 技術評論社.
  • pha. (2015). 持たない幸福論 [Kindle版] 幻冬舎.
  • ブロード, W., & ウェイド, N. (2014). 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか? (牧野賢治 訳) [Kindle版] 講談社 (Original work published 1983).
  • プラトン (2013). ソクラテスの弁明(藤田大雪 訳) [Kindle版] 叢書ムーセイオン刊行会 (Original work published 360 BC).
  • ヘッセ, H. (1904). 郷愁 (佐藤晃一 訳) [Kindle版] グーテンベルク21
  • ヘッセ, H. (1905). 車輪の下(井上正蔵 訳) 集英社
  • ヘッセ, H. (1971). シッダールタ (高橋健二 訳) [Kindle版] 新潮文庫
  • 宝彩有菜 (2003). あなた、本当はすごいんです!明日が待ちどおしくなる65のメッセージ [Kindle版] すばる舎
  • 宝彩有菜 (2011). 楽しもう。瞑想 心に青空が広がる [Kindle版] 光文社
  • 細川貂々 (2006). ツレがうつになりまして。 [Kindle版] 幻冬舎文庫
  • 堀井雄二 他 (2008). ドラゴンクエストV [Nintendo DS game]. スクウェア・エニックス
  • 堀井雄二 他 (2013). ドラゴンクエストVII [Nintendo 3DS game]. スクウェア・エニックス
  • 堀江貴文 (2013). ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく ダイヤモンド社
  • 枡野俊明 (2014). 競争からちょっと離れると、人生はうまくいく[Kindle版] 三笠書房
  • 枡野俊明 (2015). 生きるのがラクになる椅子座禅[Kindle版] 小学館
  • 松沢哲郎 (2011). 想像するちから: チンパンジーが教えてくれた人間の心 岩波書店
  • 水野敬也 (2011). 夢をかなえるゾウ [Kindle版] 飛鳥新社
  • 南直哉 (2013). 自分をみつめる禅問答 [Kindle版] 角川学芸出版 (Original work published 2011)
  • 宮沢賢治 (1933). 銀河鉄道の夜
  • 宮沢賢治 (1934). よだかの星 [Kindle版] 青空文庫
  • 森鴎外 (1890). 舞姫 [Kindle版] 青空文庫
  • 山田花子 (1999). 嘆きの天使 青林工藝舎
  • 山田花子 (2014). 自殺直前日記改 鉄人社
  • 柳美里 (2012). 自殺 [Kindle版] 文春文庫
  • 吉野源三郎 (1982). 君たちはどう生きるか 岩波文庫
  • ラ・ロシュフコー, F. (1665/2012). 箴言と省察 (吉川浩 訳) [Kindle版] Amazon Services International.
  • ルソー, J. (1762). エミール
  • 渡部英樹 (2016). 人生は暇つぶしのゲーム? Amazon Services International.
  • ヴァン・ウォルフレン, K. (2013). いまだ人間を幸福にしない日本というシステム (井上実 訳) [Kindle版] 角川ソフィア文庫


 Last updated 08/11/2017                                   © Koji Miwa 2015-2016 All Rights Reserved